今 一番やりたいこと。


 

ものごころついた頃から絵を描いていた。
絵だけは 褒めてもらえた。認めてもらえた。
自分の存在価値を絵を描くことで認識していた。
無意識だけど。

文章を書くことも大好きだった。
人間の心理にも興味があった。

そして その全てが 現在の自分を動かしている。

わたしには優秀な兄がいて その兄と比べると
成績も運動神経も何もかも 兄は上回っていたと思う。
けれど 比べることなどしなかった。

兄のことを尊敬し そして 自分の存在価値を
無意識ながらも認めていたから。

母は わたしの絵を物凄く評価してくれた。
だから 今がある。
もしも 絵なんて描いていないで 勉強しなさいと言われていたならば
わたしは 自分の存在価値を無意識に感じることはなかっただろうと思う。

好きなことは否定してはいけない。
それは 他人からも自分自身でも。
それを身を持って感じている。

小学生の時 画家になると言っていた。
中学生の時 弁論大会の文章でクラスに波紋をおこした。
高校生の時 2者面談で美大進学の意図を伝えると
担任から 文章上手いんだから 作家になればいいじゃないかと言われた。

印象的なことは 都合良く覚えている。
たくさん否定もされてきたはずだけれど
自分の道は 他人に邪魔されないことを知っていたのだと思う。

幼心に肯定された貴重な経験があったから。

ただ好きに描いた絵を褒めてもらえたということだけで
わたしの人生は 前向きに想い描けるようになっていた。

だから 今がある。

もしも 自分の存在価値に気づけない人がいるならば
実感してほしいと思う。

子供の頃に気づけたならば ラッキーだけど
大人になってからでも 十分間に合う。

そして キッカケは人によって色々。
十人十色。
どんなことがキッカケになるかわからないけれど
もしかしたら キッカケになれるかもしれないと思い
『MINAMOTO』ARTが舞い降りてきた。

オーラソーマを学び 色を通して
色々なことを紐解ける面白さを知った。
これは活かせる!

色って凄い。
絵を美しく魅せるだけのものではなく“言葉”を持っていた。

わたしの『みなもと』であるモチーフに
色をのせて 言葉を発信していく。

今 それを一番やってみたいと思っている。

MIE

 

m