長所と短所・良い面と悪い面。両方ある自分が最高!


 

CIMG1097

ガネーシャの上に『MINAMOTO』☆
これは 2年ほど前の作品。

ガネーシャといえば 『夢をかなえるゾウ』を思い出す。
好きな本のひとつ。

わたしの描いたガネーシャは
夜と朝。陰と陽。影と光。橙(女性性)と青(男性性)。
誰にでもある二面性を表現している。

自分の中にある相反するものを どう使っていくか。
バランスが大事。

むかしは 男性性の強い自分が好きだったけれど
やはり女性として生まれてきたので
女性性も磨いてゆきたい。

いつも 笑っていたいけれど 時々 泣いたりする自分も
決してキライではない。
局面の違いがあるからこそ 長所と短所が際立つ。
それでいいと思っている。

良い面も悪い面も 両方あるからいい。
だから 常に変化したり 進化したりできる。

変化が好き。進化が好き。
そんなことを考えている自分が大好き。

何だか ナルシストっぽい(笑)。