自分であることを楽しむ


 

この世の中 色々な人がいる。
ひとりとして 同じ人はいない。

当たり前のことなのだけれど
それって なんて素晴らしいこと
なのだろうと思う。

みんな違うから
個性と個性がぶつかることもあるけれど
だからこそ 新しい価値観が生まれたり
共感や共存が生じる。

社会の中での自分の価値や役割を
自分自身で認識できたら
どんなに 生きている喜びを
実感できるだろうか。

大人や子供 性別や環境など
いっさい関係ない。
その人だけの役割が必ずある。

みんなそれぞれ違う個性にしたのは
神様のちょっとした遊び心かもしれない。

もしかしたら 同じ人間を
つくる方が簡単だったかもしれない。

でも みんな違う。
それぞれの考え方があり
持って生まれた特技 容姿 感覚
生活している場所
環境や状況など 本当にさまざま。

だから いいのだ。
持って生まれた人生設計が違う
他人と比べる必要なんてなく
自分が自分である喜びを感じながら
自分を精一杯生きることができたら
きっと 最高の自分の人生を
噛みしめているに違いない。

だから 自分の直感を信じよう。
自分の気持ちを大事にしよう。
自分の心に正直に生きよう。

自分を楽しもう。

hito